葡萄唐草文

好きなゲーム、アニメ、漫画について語ってます。

劇場版「BanG Dream! Episode of Roselia Ⅰ : 約束」を観に行ったオタクの雑語り

f:id:pastel0313:20210501215833j:plain

 

 劇場版バンドリが公開されましたね。ぽぴどりをひたすらに待ち望んでいたら、いつの間にかRoseliaが始まってたので高校のバンドリ仲間を誘ってイオンシネマまで行ってきました。

 Twitterでだらだら呟いても良いんですが、最近ブログ更新してない気もするのでこっちで記事にしようと思います。ネタバレ満載なのでこれから見る予定の人は一瞬立ち止まってくだち。と言ってもまんまガルパのストーリーなのでネタバレも何もない。

 

大体想像通りの内容

 バンドストーリー1章、2章、そしてノブロ1章のアニメ版。この認識で間違いなかったです。それ以上でもそれ以下でもない。見終わって「期待を裏切られた」という人はまぁいないんじゃないでしょうか。

 元々面白いガルパのストーリーをそのままなぞっただけあって、やはり映画の方も面白かったです。特に1章2章なんて昔に読んだきりだーって人も多いでしょうし、懐かしい気分に浸れることでしょう。

 

Episode of Roselia Ⅰ : Neo-Aspect

 1章、2章、ノブロ1章(約束)の内容が詰まってると言いましたが、比率でいうと2:5:3でした。タイトルで約束を謳いつつ一番ウエイトを占めていたのは2章という。

 1章は特に省略が激しかった

 尺の都合で、ある程度削るのは仕方のないこと。それでも気になるものは気になるので、思ったことを書き連ねていきます。

 りんりんが加入し、さぁこれからギスドリが始まるぞと思いきや、始まったのはダイジェストでした。バンドストーリーでいう11話~20話までがなんと一分程度に集約されてるのはさすがに笑いました。1%はいるかもしれないバンドリ未履修者はこの時点で置いてけぼり確定です。

 1章の醍醐味といえば、万年生理女の氷川紗夜でしょう。日菜の件であこにブチ切れるシーンは良くも悪くも印象的です。しかしこのシーンが描かれることはありませんでした。ダイジェスト内に、練習を抜ける紗夜の場面は一応あったけどセリフ無しじゃ話にならんよ…。1章最大の問題児のはずの紗夜が、ちょっと気真面目過ぎるだけという描かれ方をされてて、見ていて新鮮でした。

 あと「あこ、バンドに入れないんですか?」の声のトーンが妙に明るかった。ロゼリア加入がかかってるんだからもっとビクビクしてなきゃおかしいでしょうが。

 

Re:birth dayが流れたのは嬉しい

 主がロゼリアで一番好きな曲はリバースデイなので、ダイジェストのBGMという若干アレな扱いでしたが劇場特有のハート震える音響で聴けたのはすごい嬉しかった。欲を言えばライブしてほしかったですけどね!

 

氷川紗夜七変化

 生真面目風紀委員の氷川紗夜さんは、最初はクッソ辛辣なキャラでしたがイベントを重ねるごとに性格が丸くなっていき、2章になる頃にはリサと共にロゼリアの音を守るまでに成長します。

 しかし、劇場版では1章→2章の間のイベントは何も描かれないので、ピリピリ女が数分後にクッキーを作り出して不気味でした。

 上記の変化も、妹の日菜との関係の変化もダイジェストで済ませる手法はいくらなんでも強引すぎます。

 

紗夜「私も日菜と約束しましたから(ここで流れる七夕イベや秋時雨イベのダイジェスト)(所要時間およそ5秒)」

 氷川紗夜の成熟の過程はこの5秒間に全て詰まっています。

 懸念してた通りになったとさ。

 

進化したNeo-Aspect

 ヤケクソかってくらい1章をカットしただけあって、2章は割と満足に描かれていました。怒鳴る友希那や紗夜は迫力があり、私が見たかった凹むあこちゃんにはそそられました。アニメバンドリってほんとギスシーンだけは描くの上手いよなぁ…。

 そして満を持してのライブシーン。ガルパのMVも良いですが、これはそれ以上。一曲丸々鳥肌が立ちっぱなしでした。間違いなく劇場版ロゼリアの目玉シーンでしょう。

 ぶっちゃけここで終わっても良かった。約束パートが始まったとき「あ、まだやんのか…」とため息をつき、そういえばこれ「約束」だったと思い出しました(笑)

 

「約束」の扱い

 リバはBGM。ネオアスはライブ。さてタイトルにもなっている「約束」は一体どんな風に登場する!?

 

 

まさかの友希那さんのアカペラ 

 ライブにしなかったのは高評価。あの曲はライブ曲ではないし、ネオアスでお腹いっぱいだったからあれ以上ライブシーンは要りません。

 ただ、表題曲がShortバージョン止まりなのはちょっとしょぼい。fullバージョンをエンドロールで流そうよ!?
 それに、歌詞を一目見た友希那さん、メロディを即座に完成させるの超人すぎるだろ…。

 

まとめ

 間違いなくバンドリ履修者向けの作品ですね。氷川紗夜の扱いにはだいぶ難儀したんだろうなぁ。

 バンドリ好きなら行って損はしないと思います。それにガルパのストーリー(特に1章)を読み直す良い機会になります。あ、ここ劇場版ではなかったシーンだ~ってなりながら読み返すのは楽しかったです。

 第二部はノブロ2章、3章の二つなので第一部ほどダイジェストのごり押しは無いはず…。せっかく劇場に足を運んでいるのに、超濃縮ダイジェストを見せられて嬉しい奴はいないので本当頼みます。

 それにしても、スクリーンで聴くライブってこんなに良いものなんですね。ちょっとフィルムライブ行かなかったこと後悔しつつある。

 

久々のバンドリ記事でした。ではまた(*^^*)

 

 

 

映画本編にひなあやがありました!!!??!!?!?!??

f:id:pastel0313:20210502012246p:plain

 紗夜がパスパレのポスターから日菜を発見するシーンがあったんだけど、そのポスターの日菜ちゃんと丸山彩の距離がほぼ0距離で、、、、、、、あわわわわわわわわわわわ